AGA治療の効果について

AGA治療の方法

AGAを治療するにはいくつかの方法があります。

 

内服薬
外用薬
メソセラピー
自毛植毛

 

AGA治療は、大体上記の4つに分類されます。そして、AGAクリニックは上記のいずれか、または複合的に治療を行っています。

 

 

 

内服薬

 

内服薬は主にプロペシア、ミノキシジル、ビタミン剤などです。

 

プロペシアはAGAの原因である男性ホルモンが変化したDHTを抑える働きをします。まずAGA治療で必ずと言っていいほど処方される薬です。

 

ミノキシジルは血行促進に効果的といわれていて、プロペシアと併用することで相乗効果が期待できます。

 

ビタミン剤は発毛に有効な成分を含有したものですが、普段食事が不摂生な方にはおすすめです。

 

 

 

外用薬

 

外用薬はミノキシジル、または頭皮に有効な成分を含有したものがあります。一般的に外用薬は飲み薬よりも効果は小さいとされています。理由としては外から頭皮に振りかけても毛根まではほんのわずかしか浸透しないからです。

 

ただ、飲み薬だけよりも外用薬も併用したほうがより発毛効果は期待できるので多くのクリニックでは飲み薬と外用薬を処方しているところがほとんどです。

 

 

 

メソセラピー

 

メソセラピーとは、毛根に有効な成分を直接注入する方法です。注射、あるいは特殊なスプレーのようなもので注入します。

 

プロペシアやミノキシジルは飲み薬が効果的といわれていますが、より効果的なのは直接毛根に注入する方法です。

 

メソセラピーでは、プロペシアやミノキシジルはもちろんのこと、成長因子など発毛に有効な成分も一緒に注入します。

 

AGA治療において、現在最も効果のある治療法がメソセラピーといわれています。

 

 

 

自毛植毛

 

自毛植毛は、自分の毛根を抜き取り薄い部分に移植する手術です。後頭部や側頭部というのはハゲにくいため、それらの毛根を抜き取りM字や頭頂部の薄くなった部分に移植します。

 

自分の毛根なので拒絶反応もなく、定着率は95%以上といわれています。

 

AGAにより完全に毛根が衰退した部分というのは、いくらプロペシアを飲んでもメソセラピーで治療しても生えてくることはありません。

 

そうなると最後の手段として自毛植毛するしかその部分に髪の毛を生やす方法がないのです。

 

 

 


AGAスキンクリニック

 

 

TOMクリニック
東京と大阪にあり、AGA治療と自毛植毛を行っているクリニック。患者の状況に応じてAGA治療と自毛植毛の選択ができます。また、植毛ロボットARTASを導入していて、より正確でスピーディな手術が可能となります。オリジナル治療が業界最安値というのもTOMクリニックの特徴の一つです。


TOMクリニック

 

 

銀座クリニック
銀座クリニックの特徴はノーニードル育毛メソセラピー。注射器を使わずに毛根直下にフィナステリドやミノキシジルを注入する独自の方法で高い効果が期待できます。料金もAGAクリニックの中では比較的低価格な設定になっています。


銀座クリニック