AGA治療効果ない

AGA治療効果なし

AGA治療を行ったにもかかわらず、効果がなかったという人がネット上の口コミで見受けられます。

 

では、なぜその人たちは効果がなかったのでしょうか?効果がなかった人たちの口コミを調べてみました。

 

 

AGA治療が効果がなかった人の口コミ

 

・3か月ほど通いましたが、望んだ効果は得られませんでした。なので、今は通っていません。

 

・ハゲている部分にメソセラピーを行いましたが、まったく効果なかったです。

 

・通院して2か月になりますが効果は実感できていません。ただ薬を飲んでいるだけだからかな。メソセラピーをやらないとダメかな。

 

効果がなかった人は大体上記の意見で一致しているようでした。

 

 

AGA治療が効果がない原因とは?

 

AGA治療は、主に薬と治療によって処方します。薬というのは、主にプロペシアとミノキシジルです。また、治療は直接毛根に栄養素を注入するメソセラピーです。

 

AGA治療が効果がなかったという人達には、いくつかの原因が考えられます。

 

 

1.完全にハゲ上がっている人

 

2、通院期間が短い人

 

3、AGA以外が原因でハゲている人

 

 

このように、AGA治療が効果がなかった人というのは、何らかの原因があります。

 

 

 

完全にハゲている

 

完全にハゲている場合、残念ながらその部分に髪を生やすことは不可能です。

 

プロペシアは、ハゲる前の段階であれば、抜け毛を防いでそれ以上抜け毛が進行しないようにできますが、毛根からハゲた場合は再生させることができないのです。

 

この場合、唯一の方法として「自毛植毛」があります。自毛植毛は既存の髪の毛を移植する手術なので、確実に髪を生やすことができます。

 

 

 

通院期間が短い

 

髪の毛にはサイクルというものがあって、大体100日程度で生え変わるといわれています。そのため、AGA治療で効果がなかった人を見ると明らかに治療期間が短い人が多いようですね。

 

 

 

AGA以外が原因?

 

ハゲる原因というのは、何もAGAだけではありません。ストレスや紫外線、こういった理由からでもハゲる可能性があります。

 

となると、いくらAGA治療をしても効果は期待できないわけです。